2階建てありきで家を考えていませんか?


家の基本は「平屋」から始まります。


つまり、その敷地の中に


平屋が建つだけのゆとりがあるなら、


基本的に平屋で間取りを考えるようにすべきでる


ということです。

というのも、平屋にすることで、


様々なメリットがもたらされるからです。


平屋

うがみんしょうらん


シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。


まず、平屋にすれば、


家の重心が低くなって

2階からの荷重もなくなり


必然的に耐震性が高くなります。


また、重量車両が傍の道路を通ったり


台風や強風などによっても家は揺れます。


家が左右に揺れることで


耐震金物が緩んでいく原因にもなります。


平屋よりも2階建て住宅の方が、


その影響をより多く受けることになります。


また、平屋は柱も壁の量も多く


地面に対する面も広いため、


2階建てに比べて、


地震の被害を受けにくくなっています。


つまり、地震に強いのはもちろん、


“長持ち“という耐久性で考えてみても、


平屋は2階建てよりも優れているということが言えます。

その他、コスト面や暮らし面においても、


2階建てに比べて、


平屋はよりたくさんのメリットを享受出来ます。

(これらはまた次回お伝えさせていただきます)

平屋

✔平屋に対して多くの方が持っている思い込み

多くの方が、


「平屋=高い」と思い込んでしまっていたり、


「平屋=土地が広く必要=土地代が高くなる」


と思い込んでしまっているのではないでしょうか?

この思い込みに縛られたまま


家づくりを進めてしまうと、


平屋を建てられる土地であるにもかかわらず、


当たり前のように2階建てを建ててしまうことになります。


ですが、当たり前のように建てられている2階建ての家は、


本当に住みやすい家なのでしょうか?


また、その住みやすさはいつまでも続くのでしょうか?


そして、コスト面で考えてみても、


平屋に比べて本当に割安なのでしょうか?


イニシャルコストだけじゃなく、


ランニングコストにおいても・・・

ということで、


次回は、当たり前のように建てられている


2階建ての家について、


詳しくお伝えしていきたいと思います。