洗濯作業がストレスフリーなお家

同じフロアで洗濯作業の全てが完結出来れば、


ずいぶんと楽になります。


ここでは、同じフロアでの洗濯作業なので、


1階に洗面脱衣室をつくった場合を想定してお話します。


なぜなら、わざわざ2階に洗濯物を持ち運びするよりは、


1階に干場をつくり、収納も1階につくった方が、


余分な階段の上り降りもしなくてよくなるため、


時間と手間をカットすることが出来るからです。



それでは、


多くの方がしている


キッチンや洗面脱衣室の勝手口から


外に出て干すという方法を検証していきましょう。


この導線は、2階のベランダまで洗濯物を干しに行くよりは、


遥かに動線が短くなるものの、


同時にいくつかのデメリットも抱えることになります。


うがみんしょうらん

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。

では、この動線の場合、


どのようなデメリットが考えられるのでしょうか?


干す時、取り込む時の場面を想像してみましょう。


✔問題点その1:外に出て作業しなければいけない・・・

この場合、洗濯物を干す作業は、


完全に外に出て行うことになります。


となると、夏は汗だくで


冬は寒さに震えながら


洗濯物を干さないといけなくなります。


そして一番怖いのは、紫外線!


一年中降り注ぐ紫外線を浴びながらのお洗濯は避けたいですね。


✔問題点その2:いつもキレイにしておかないといけない・・・

また、外に出て洗濯物を


干さないといけないということは、


お隣さんやご近所さん、


あるいは郵便や宅配の方たちと


顔を合わす可能性も高くなる


ということでもあります。


となると、さすがにノーメイクやパジャマ姿で


外に出て行くわけにもいかないため、


ある程度キレイにしておかないと


いけなくなってしまいます。


✔問題点その3:取り込むのに手間がかかる・・・

乾いた洗濯物を取り込む時も、


勝手口から何度も出入りしないといけないため、


取り込むのにも、けっこうな手間がかかります。


一回に持てる洗濯物の分量も限られているし、


その移動距離もけっこう長いからです。


家族が多いと、さらに負担がかかりますね。


✔洗濯作業を楽にこなせるようにするためには?

洗濯作業の手間を減らすためには、


まず、干す動線を短くする必要があるのですが、


この際、注意しなければいけないポイントは、


わざわざ外に出て干さないといけない場所に


干場をつくらないということです。


1階でありながら、ベランダに干す時のように、


部屋から手を伸ばしただけで


干すことが出来るとしたら、


干す作業がとっても楽になります。


この動線をつくれば、


同時に取り込む作業もずいぶんと楽になります。


なんせ、室内に居ながら、


洗濯物を取り込むことが出来るわけですからね。


また、もう1つ大切なポイントは、


いかに周囲の人たちの目に触れないよう出来るか?


ということです。

家事動線

洗濯物を周囲の人たちから


見えない場所に干すことが出来れば、


生活感が全く出なくなり、


常に、美しい外観を維持することが出来ます。


また、家族構成も分からなくなるため、


防犯の役割も果たせます。


なぜなら、洗濯物を見たら、


職業や家族構成が分かってしまいますからね・・・


そして、一切人目を気にすることがないということは、


ノーメイクやパジャマ姿のままで、


干したり、取り込んだり出来るということです。


もし、家づくりの際に


少しでも家事の負担を減らしたい・・・


そして、見た目も美しい家にしたい・・・


そうお考えであれば、


どうぞ、いつでもご相談ください。