散らかりにくい家のつくり方

せっかく家を建てても、

多くのご家庭のリビングダイニングキッチンが、

半年もしない間に、

たくさんのモノでごった返してしまうようになります。


確かに、リビングダイニングキッチンは、

家族みんながほとんどの時間をそこで過ごすため、

“この空間がいつもキレイに片付いている”

なんてことは、普通に考えると

あり得ないことかもしれません。


しかし、家具や内装にもこだわったその空間を、

なるべくスッキリと、

かつキレイに保ちたいという願いは、

家を建てる誰もが共通して

お持ちではないでしょうか?


そして、そのためには、

掃除・片付けをこまめにする

必要があるのかもしれません。

が、その状態を継続して保ちやすくするためには、

そもそも散らかりやすくなってしまう原因を、

間取りで解決することが必要不可欠です。


うがみんしょうらん!

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。


では、そもそも家が

散らかりやすくなってしまう原因とは

一体何なのでしょうか?


✔︎原因その1:プライベートルームが全て2階にある


一般的に家は、

“1階がパブリックスペース”

“2階がプライベートスペース”

であることを前提として間取りがつくられます。


つまり、寝室も子どもたちの部屋も全て、

当たり前のように

2階につくられることになります。

そこで質問です。

子どもたちは、建てたすぐから自分たちの部屋を

フル活用するでしょうか?


子どもたちは、自分たちの荷物を、

わざわざ自分の部屋まで

片付けに行くのも取りに行くのも非常に面倒くさがります。

いつも使うものはすべて、

いつも居る場所の近くに置くようになります。

つまり、リビング付近に

どんどんモノが増えていくというわけです。


さらに、子どもたちはもちろん、

あなた自身も、いつも着る服やパジャマを、

わざわざ2階の自分の部屋まで

持って行ったり、取りに行ったりするでしょうか?


これもまた面倒に感じてしまいますよね。

結果、ダイニングチェアーやソファーには、

いつも着る服が掛けられていたり

脱ぎっぱなしで放置されていたり

という状態になってしまいます。


✔︎原因その2:収納のつくり方が悪い


そして、2つ目の原因が、

収納のつくり方が悪いことです。


例えば、一般的な家は

2階にスペースが余りがちなので、

1階にあまりつくれない収納を、

2階で補おうとするのですが、

そもそも1階に収納がなかったり

少ないことが片付かない原因になりがちです。


また、至る所に分散してたくさん収納をつくるのも、

決してオススメ出来ない収納のつくり方です。


収納が分散するとモノの管理がしにくく、

どこに何を置いたか分からなくなり、

さらに購入することになります。

そうなれば無駄な出費が増え、

かつモノがどんどん増えていくことで、

さらなる収納不足を招く原因にも

なってしまいます。


また、奥行きが深い収納を

たくさんつくることも、

決してオススメ出来ない収納のつくり方です。


奥行きが深い収納は、

手前のスペースが全て

デッドスペースになってしまうため、

見た目ほど収納することが出来ないからです。

また、そのデッドスペースに

モノを置いてしまうと、

奥に置いてあるモノが分からなくなってしまいます。


収納に関しては、

多くの方が知らず知らずの間に、

このような事態に陥ってしまいます。



共働きが当たり前となった今は、

家事の負担をいかに減らすことが出来るかは、

家を建てる全ての方にとって、

非常に切実であり、大切なコトだと思います。


ということで、

お伝えさせていただいたことを考慮しつつ、

家づくりをしていただければと思います。

きっと、あなたの片付けや掃除の手間を

大幅に楽にしてくれるはずですから。