庭をメンテフリー状態にする秘訣

毎年、梅雨時期になると、

こまめにやらなければいけないのが

庭の草抜きです。

なんせ彼ら(草たち)は、

少しでも放置しようものなら

とめどなく生えてきて、

どこまでも成長し、

その勢力範囲を伸ばしていきますから。

そんなこんなで今回は、

草抜きなんてあんまりやりたくない、

また庭の手入れが面倒くさいなー

と思っている方たちのために、

庭の手入れを楽にする方法について

お伝えしていきたいと思います。


うがみんしょうらん!

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。


この方法は2つあるのですが、

どちらも採用出来たなら、

ずいぶんと手入れする手間が減るはずなので、

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。



✔️土地を広く買わない!

まず1つ目の方法がこれです。

単純に、土地を広く買ってしまうと、

その分、庭が広くなってしまうし、

庭が広くなった結果、

砂利や土の部分が増えてしまうからです。

草が生えてこないように、

コンクリートを打つとなると、

砂利の3〜4倍ぐらい高くなってしまうので、

コストのことを考えると、

砂利にせざるを得なくなる

というのが現実です。


✔️余白を最小限にしながら家を建てる!


そして、2つ目の方法がこれです。

余白をつくればつくるほど、

当然、草が生える範囲が広くなりますからね。


例えば、一般的に50坪の土地には、

2階建ての家を建てるのですが、

仮に30坪の2階建ての家を建てるとしたら、

1階部分の大きさは、

その半分の15坪ということになります。

そして土地には35坪分の余白が出来ます。

他方、ここに30坪の平屋を建てるとしたら、

土地の余白は20坪となるわけですが、

仮に、この余白だけで十分、

車や自転車が置ける余裕があるとしたら、

15坪分、庭の工事面積を省くことが出来ます。

また、工事面積が小さくなったことによって、

残りの敷地の余白全体に

コンクリートを打ったとしても、

そう高くならないというメリットも生まれます。

結果、煩わしい草抜きの手間を

丸ごと省くことが出来るというわけです。

✔︎土地の買い方を間違えないようにする秘訣

これら2つの方法は、

言われてみると当たり前の話かもしれないんですが、

これって出来そうで案外出来ないんですよね。

なぜか?と言うと、

家が建ってない土地って

やたら狭く感じてしまうし、

狭いことで後悔するぐらいなら、

ちょっとでも広く買っておこうって

思っちゃうからですね。

あと、狭いとなんかカッコ悪いっていう見栄と・・

なので、土地を探す時は、

自分たちだけで探すのではなくて、

工務店にも見てもらいながら

探すことをオススメします。

もちろん、どんな家を建てたいかを伝えて、

その情報をシェアした上で、ですよ!

また、土地を探す前に、

資金計画をしてもらうことも忘れてはいけません。

土地の予算が明確に分かった方が、

予算的にも広さ的にも、

より現実的に土地を選べるからです。

ということで、

面倒くさい庭の手入れをなくしたい方は、

土地探しのやり方から

間違えないようにしていただければと思います。

土地が広くなればなるほど、

固定資産税も高くなっちゃいますしね。