平屋の魅力 其の五

2階建ての家で暮らすとなると、

あなた自身が、よほどこまめに片付けをするか、

あるいは子供たちに片付けを癖づけるようにしないと、

暮らしの中心となるリビングダイニングが

いつも散らかった状態になってしまいます。

その理由は2つあり、

1つは子供部屋が2階にあるため、

子供たちが自分の部屋に

衣類や荷物を持って行ってくれないこと、

そして、もう1つは、

にもかかわらず、

1階にそれらの置場が不足していること、です。

うがみんしょうらん!

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。

そして、これを解決するために一般的には、

1階に部屋や収納をより多くつくることを

オススメするのですが、そうしてしまうと、

1階の床面積が大きくなってしまうため、

結果的に家のコストが上がってしまいます。

そのため、

『2階建て』ではなく『平屋』にして、

全ての部屋と収納を

1階に集約することをオススメしています。

平屋にすれば、子供部屋が1階になり、

リビングダイニングを散らかす最大の要因である

子供たちの荷物や衣類を、

自分の部屋に持って行ってもらいやすくなります。

わざわざ、面倒くさい階段を

往復する必要がないし、

移動距離も短いし、

親の近くに居ることが出来るからです。

また、寝室や収納も1階にあるため、

自分たちの衣類やいつも使うモノも、

部屋や収納に持って行きやすくなります。

何かと、階段を往復するのは、

面倒くさくなってしまいがちです。

子どもだけでなく、親も行ったり来たりは

あまりしたくないですね。

たったこれだけのことかもしれませんが、

1階だけですべてのものが集約していたら

ずいぶんリビングダイニングを

片付いた状態で保ちやすくなる

んじゃないかと思います。



✔収納のつくり方に注意

あとは、収納のつくり方にだけ

注意していただければ、

コストを上げることなく、

よりたくさんの収納をつくることが出来ます。

多くの方が、収納の多い少ないを

『床面積』で判断してしまいます。

その理由は、平面図だけを見て考えてしまうからです。

床面積で収納を考えていくと、

どんどん収納を増やしてしまうことになり、

結果、家のコストがどんどん上がっていってしまいます。

他方、図面の見方を少しだけ変えれば、

全く床面積を増やすことなく、

収納を増やす方法を見つけることが出来ます。

結果、無駄に一切コストを上げることなく、

より多くの収納をつくれるだけじゃなく、

不必要な窓やドアなどもなくすことが出来ます。

その分コストもカット出来るし、

窓が少なくなれば、

カーテン費用もカットすることが出来ます。

収納で大切なことは、

“いかに管理をし易くするか!” ということです。

そこにフォーカスして考えると、

無駄に奥行きが深い収納や、

棚が少ない収納をつくらなくなるでしょう。

住宅会社は、少しでもコストをカットするために、

棚の数を少なくしようとするかもしれません。

また、単純に収納をたくさんつくればいいと

勘違いしている住宅会社は、

無駄に奥行きが深い収納を

たくさんつくることをすすめてくるかもしれません。

さらに、あなたが収納をもっとつくって欲しい・・

通り抜け動線にしたい…と要望すれば、

そのように設計するかもしれません。

しかし、これらは、

ただただ大きさの割にあまりモノが置けなく、

かつ、使いにくい収納をつくってしまうだけです。

収納のつくりの際は、十分に考えて

より片付けやすいお家を

つくっていただければと思います。