子育て世代も平屋の方がいい理由


「お子さんは、おいくつでしょうか?」


家づくりの際に聞かれる一言。



家を建てられる方の多くが子育て世代であり、


未就学児をお持ちの親御さんが数多くいらっしゃいます。


また、お子さんが生まれたばかり!


という方もいらっしゃいます。


となると、設計する上で、


1つの課題となってくることが、


“いかに子ども部屋を最初からずっと有効活用出来るのか?”


ということです。


そして同時に、自分たちがそうであったように、


子どもたちも、やがて家を出て行くので、


“出て行った後その部屋をいかに有効活用出来るのか?”


ということを考えておくことはとても大切です。


うがみんしょうらん!

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。

家づくりでごく当たり前になっているコトの1つに、


“子供部屋は2階につくるものである”


という考え方があります。


しかし、実際のところは、


子どもたちは、2階につくってくれた


自分の部屋をうまく使うことが出来ません。


というより、全く使わないというのが


リアルな状況ではないでしょうか?



というのも、いつも使うものを、


わざわざ2階まで持ち運びするのを面倒くさがり、


さらに、親から離れた場所では過ごしたがりません。


結果、自分の部屋に片付けて欲しいモノが、


全てリビングやダイニングに置かれることになり、


本来いつもキレイでスッキリと保ちたい空間が、


子どものモノでごった返すことになってしまう・・・


いつも散らかっていてなかなか片付かない・・・


片付けても、片付けても、キリがない・・・


ということになってしまいます。


これが、悲しい現実です。



その点、最初から平屋を建てるつもりでいると、


子ども部屋は必然的に1階になるので、


2階につくった子ども部屋に比べて、


自分の部屋を使ってもらいやすくなり、


自分の部屋に自分のモノを片付けてもらいやすくなります。


また、子どもたちが大きくなり、


やがて家を出て行った後も、


子ども部屋が2階にあるよりも1階にある方が、


なにかと使いやすいような気がしませんか?


部屋として使うにせよ、


収納として使うにせよ、


室内用の洗濯干場として使うにせよ。


ましてや、自分たちが歳をとり、


足腰が弱ってしまったとしたら、


2階にある部屋や収納は、


全く使わなくなる(使えなくなる)でしょうから・・・


さらに、子ども部屋を1階につくったら、


親御さんが泊まりに来た時に必要だからという理由で、


よくつくられている和室も、


つくる必要がなくなると思いませんか?


親御さんが泊まっていくとしたら、


お子さんがまだ小さいうちでしょうし、


そんな時期は、お子さんは自分の部屋で寝ていないため、


その部屋で寝てもらえばいいからです。


となると、家づくりにかける余分なコストを


自然とカットすることが出来るようになり、


同時に、家が小さくなった分、


掃除する場所も減り、


掃除の手間を減らすことも出来ますよ。


いかがでしょうか?


平屋は、建てたすぐはもちろん、


ずいぶん先の将来までずっと使いやすい家であることを


お分かりいただけたのではないでしょうか?


ですから、もし敷地にゆとりがあるのであれば、


こういった観点からも、


2階建てありきで家を考えるのではなく、


まず平屋が建てられないか?


という風に考えていただければと思います。


それでは、また次回も、


別の観点から平屋の良さについて


お伝えさせていただければと思います。


最新記事

すべて表示

ドアと窓のコストを合理的にカットする方法

大きさが同じである家を、 全く同じ性能でつくろうとしても、 その価格は建てる家の形状によって異なります。 例えば、30坪の平屋を建てる場合、 縦横の長さが共に10mで建てる場合と、 縦が20m・横が5mで建てる場合とでは、 後者の方が、圧倒的に家の価格が高くなってしまいます。 というのも、 縦横共に10mの家は外周の長さが40mなのに対し、 縦20m・横5mの家は外周の長さが50mになり、 後者の

SIMPLENOTE 奄美 STUDIO

シンプルノート奄美スタジオ

​有限会社エコサポート奄美

​鹿児島県奄美市名瀬港町21-6

​新築住宅・平屋・2F建て

  • Facebook
  • Instagram