ハイコストな家をローコストで建てる秘訣


これまで紹介したお家で


「中庭」をつくっているお家があります。


その理由は、それがその土地で懸念される


問題点を解決するための最良の手段だからです。


例えば、周囲が家に囲まれていたり、


南に隣接して家が建っている家は、


近隣の家から十分な距離を確保出来ないまま


窓をつくったとしても、


その窓から光を採ることが出来ません。


それゆえ、家全体に光を届けるために、


“中庭”をつくることで、


その問題を解決することが出来ます。


とはいえ“中庭”をつくるとなれば、


どうしても建築コストが割高になってしまいます。


うがみんしょうらん!

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。


というのも、“中庭”をつくると、


壁の面積が増えてしまうからです。


つまり、外壁工事にかかる費用や


内装工事にかかる費用、


そして断熱工事にかかる費用などの


コストが増えてしまうため、


その分建築コストがアップしてしまう


ということですね。


また、壁の面積が増えるということは、


それに伴って基礎工事の面積も


増えることにもなるため、


同時に基礎工事の費用までも


アップすることになります。


これらの理由から、


“中庭”がある家は割高になってしまうのですが、


ここからは、予算を一切上げることなく、


また、品質を一切落とすことなく、


“中庭“がある家を建てる方法について、


お伝えしていきたいと思います。


✔家の品質を一切落とさず建築コストを抑える工夫

そのためには、


2つの工夫が必要になります。


工夫1:必要以上に部屋を大きくしない

まず1つ目の工夫が、


必要以上に部屋を大きくしないということです。


例えば、あなたは、


寝室にどれくらいの広さを求めますか?


10帖でしょうか?


あるいは8帖でしょうか?


あるいは6帖でしょうか?


仮に、あなたが、


寝室は、ただ寝るだけのスペースだとお考えであり、


かつ、寝室にはベッドしか置かないとしたら、


ベッドのサイズや個数によっても違いますが、


多くの場合6帖もあれば充分です。


6帖あれば、ダブルベッドを


2台並べて置くことが出来ます。


となると、10帖つくるより


4帖もカット出来ることになり、


結果100万円〜120万円も


コストがカット出来ることになります。


工夫2:やみくもに部屋を多くつくらない

そして、2つ目の工夫は、


やみくもに部屋を多くつくらない


ということです。


例えば、親御さんが泊まりに来た時や、


来客の時のための “和室”は、


本当に必要な部屋なのでしょうか?


仮に、この和室が6帖だとしたら、


この部屋には150万円ぐらい


コストがかかっているのですが、


それをつくったとして、


一体どれだけの頻度で


その部屋を利用するでしょうか?



親御さんが泊まりに来た時は、


子ども部屋で寝てもらうようにするのはいかがですか?



✔家をコンパクトにする方が合理的

この2つを意識しながら、


家づくりをしていただければ、


必然的に家はコンパクトになります。


そして、その結果、


家のコストをカット出来るようになり、


コストが上がる要因となる


“中庭”をつくったとしても、


決して驚くような金額にはなりません。


また、家をコンパクトにすれば、


必然的に光熱費もカット出来るようになります。


あるいは、最小限の光熱費で、


家全体を温度差のない


快適な空間にすることが出来ます。


弊社では、このような考えのもと


家づくりをご提案させていただいていますので、


いつでもご相談ください。






最新記事

すべて表示

住みやすい家にするために知っておくべきこと

“リビングダイニングキッチンの窓は南につくりたい!!” これは、家づくりをする誰もが希望することでしょう。 そして、ほぼ全ての方が、 リビングダイニングキッチンの 南には大きな窓を設置します。 窓としての役割を果たすことが出来るのか?を、 深く考えることなく、です。 その結果、ほとんどのお家が、 その窓から充分な光が確保出来ず、 想像していた明るく開放的な リビングダイニングキッチンとは正反対の、