イニシャルコストとランニングコスト

家の大きさは、


単純に建築費用を左右するだけではなく、


それに付随して様々な費用も左右します。


例えば、40坪の家と25坪の家では、


冷暖房の消費電力も違ってきます。


面積が広くなった分体積も大きくなるからです。


また、40坪の家と25坪の家では、


建物にかかる固定資産税や


都市計画税も違ってきます。



うがみんしょうらん!

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。



では、土地の広さに関してはどうでしょうか?


もちろん、25坪の家を建てるよりも、


40坪の家を建てる方が、


より広い土地を必要とします。


そして、土地の面積が広がるとともに


土地の固定資産税や都市計画税も高くなります。


また、土地が広くなれば、


その分、外構工事費用も高くなってしまいます。


つまり、家の大きさは、


単純に建築コストに影響を与えるだけではなく、


いろんな面で費用にも影響していきます。



家をコンパクトにするためには?


そのゆえ、家づくりの予算を抑えるためには、


家を大きくしないことがカギとなります。


とはいえ、やみくもに家を小さくしたのでは、


住みにくい家をつくってしまうことになるので、


必要・不必要をよく精査しなければいけません。


例えば、“廊下”などは、どうでしょうか?


廊下は、部屋と部屋をつなぐための、


ただ通るだけのスペースなのですが、


この廊下をつくることによって、


家の中には温度差が生まれやすくなります。


廊下へと続くドアは、


基本ずっと閉めっぱなしになるからです。


結果、夏は涼しい部屋と暑い部屋の差が


極端に出てしまうことになります。


また、冬は暖かい部屋と寒い部屋の差が、


極端に出てしまうことになります。


これが、廊下がもたらす状況です。


この廊下にも、部屋や収納と同じように


コストがかかっています。


換算すると1㎡あたり約15万円になります。


仮に、この廊下が全体で6帖あるとしたら、


その面積は10㎡となり、


そこには150万円ものコストがかかっている


ということになるのです。


いかがですか?


それでも廊下が必要ですか?


部屋の数や広さなども、


廊下同様によく考えてみてもいいと思います。


例えば、お子さんが3人いらっしゃるとして、


それぞれの子どものために、


6帖ずつの広さで部屋をつくってあげるとしたら、


6×3=18帖というスペースが必要になります。


しかし、子どもたちはやがて成長し


家を出て行くのではないでしょうか?


つまり、ずっとその部屋を


使い続けるわけではないということです。


この子ども部屋にも、


廊下同様にコストがかかっています。


18帖という広さには、


約450万円のコストがかかっているのですが、


もし、この広さを縮めることが出来るとしたら


建築コストを抑えることが出来るようになります。



そして、その浮いたお金を、


違うことに使えるようになります。


それは、子どもたちと遊びに行く費用や、


子どもたちの教育資金といった費用に、です。


これらは、ほんの一部ですが、


少しずつでも、無駄かもしれない部分を


カットすることが出来れば、


家をコンパクトにすることが出来、


結果、余分な建築コストと、


それに付随する余分なコストを、


抑えることが出来るようになります。


そして、その浮いたお金を、


暮らしをより豊かにするためのコトに


使っていただけるようになります。


一生に一回の買い物だから妥協したくない・・・


後悔したくないからやりたいことを全部詰め込みたい・・・


この気持ちも十分に理解できます。


しかし、その強い想いに縛られすぎて、


これからの大切な人生に


大きすぎる負担を抱えないように


気を付けてください。



あなたのこれからのためにも、


そして未来ある子どもたちを育てていくためにも、


もっと現実的に、もっと合理的に、


家づくりを考えていただければと思います。


最新記事

すべて表示

ドアと窓のコストを合理的にカットする方法

大きさが同じである家を、 全く同じ性能でつくろうとしても、 その価格は建てる家の形状によって異なります。 例えば、30坪の平屋を建てる場合、 縦横の長さが共に10mで建てる場合と、 縦が20m・横が5mで建てる場合とでは、 後者の方が、圧倒的に家の価格が高くなってしまいます。 というのも、 縦横共に10mの家は外周の長さが40mなのに対し、 縦20m・横5mの家は外周の長さが50mになり、 後者の

SIMPLENOTE 奄美 STUDIO

シンプルノート奄美スタジオ

​有限会社エコサポート奄美

​鹿児島県奄美市名瀬港町21-6

​新築住宅・平屋・2F建て

  • Facebook
  • Instagram