あこがれの白い外壁

家を建てる誰もが、

白い外観に憧れを抱いていることと思いますが、

それと同時に、

汚れやすく、かつ汚れも目立ちやすい

というネガティブな要素も、

頭に浮かんでしまうのではないでしょうか?

そして、そのネガティブな心配事は、

そうならないための工夫をしなければ、

たちどころに現れてしまいます・・・

白く美しい状態を

出来るだけ長く保つためには、

外壁そのものを汚れにくくする

工夫をしなければいけません。


うがみんしょうらん!

シンプルノート奄美スタジオの嘉川です。

では、そのためには、

一体どうすればいいのでしょうか?

✔︎正面に窓をつくらない

意外かもしれませんが、

実は、外壁を汚す一番の原因は『窓』です。

先ずは、外壁の汚れを防ぐためには、

窓を出来るだけ減らすよう心がけるべきです。

次に、汚れが一番気になる家の正面に、

窓をつくらなくてもいいように

間取りを考えなければいけません。

例えば、間取り図(平面図)だけでプランを見た時、

トイレの位置が提案してくれている場所より

家の正面側にあった方がいいと感じたとしても、

それだけでトイレの位置を動かしてしまうと、

家の正面に窓が1つ余分に出来てしまい、

結果、これが外壁を汚す原因となってしまいます。

そして、さらに壁が汚れる要因が・・・

✔︎正面に換気扇がつかないようにする

トイレを正面に配置したことにより、

同時に窓の上に換気扇の外部フードがつくことになります。

つまり、さらに外壁を汚す原因となる

余分な部材が家の正面に出来てしまうというわけです。

ですので、家のプランを考える時は、

単純に間取図だけを見て、

部屋の配置だけを考えるべきではありません。

また、換気扇が必要となる場所は、

洗面脱衣やお風呂、

そして収納やキッチンなどがありますが、

これらの配置にも配慮しなければ、

家の正面に換気扇の外部フードが並ぶことになり、

結果、外壁を汚すスピードが加速してしまいます。

✔︎部屋の配置にも気を付ける

さらに、部屋の配置にも気を付けないといけません。

というのも、部屋にはエアコンを設置します。

そうなれば部屋の外側にはエアコンの配管が出てきて、

室外機も置くことになるからです。

もし、それらが家の正面に出てくることになれば・・・

それだけで家の景観は台無しになってしまいます。

さらに、それらは汚れの原因にもなるため、

余計に外壁が汚くなってしまいます。

✔︎環境に合わせた間取り

家の外観を美しくするために一番大切なことは、

“間取りを自分で勝手に決めない”ことです。

道路の方向や土地の環境を

配慮しながら間取りを考えなければいけません。

どんな家にしたいかという要望だけじゃなく、

その立地に合った家はどんな家のかを考えてみてください。


間取りは、その土地の環境に合わせて出来上がるものです。

その土地で美しい家をつくり

かつその状態を長く維持することも、

その土地で安定的に光を採ることも、

その土地で使いやすい動線をつくることも、

その土地でプライバシーが担保された住まいにすることも、

すべてその土地の環境に合わせて

設計するからこそ実現出来ることばかりです。

間取りを吟味した先には、

外観の美しさが長―く続くお家が出来上がるのです。

あこがれの白い壁のおうちは、

選択肢の一つになりそうですか?

それでは、また!